天神明進流兵法(柔術)の型を一つ。

相武会、天神明進流兵法(柔術)の技より。

相武会ホームページのブログからも、

記事を載せようと思い、

ちょっと試しにアップしてみました。

 

天神明進流兵法(柔術)の五行意立会・木体の中から、「両羽捕」

それではどうぞ。

完全に後手で行うところがポイントです。

気合を入れて、真っ向から向かって相手の胸倉掴みを受けると、たいてい外れません。

掴まれてしまって「やられたー。」と思いきや、

当身を食らわし、両腕をはずし、足を取り、投げる、

といった一連の動作を行うと、割と上手く行きます。

武術ではよく「後の先」と言われますが、

これは、最初から身構えて備えておく、という意味だと思っていると、

打撃のようにガチンコになり、お互いがぶつかってしまい、よくありません

 

私見ですが、柔術系の技に関して言えば、

後の先は本当の意味で、後の先で、

掴まれてしまい、やられそうになっている、という状態を作り出すことが、

技の伏線になっていると考えます。

そうでなければ、柔術の意味がありません。剛術になってしまいます。

 

この動画に関して言えば、

単なる撮影用なので、

上手く行くようにやっているだけです。

本来なら、当身で終了でしょうね。

それではつまらないから、

技を楽しんでいるわけです。

と言うわけで、皆さんも宜しければどうぞ。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました