ワールドウイング 小山裕史先生の初動負荷理論

ワールドウイング鳥取に行きました 初動負荷

山﨑寛先生主宰の秀珠会では、

例年ワールドウイング鳥取で合宿を行っています。

 

私も参加してきました

ワールドウイングとは、小山裕史先生が提唱する「初動負荷理論」を実践し、

体験できるところです。

詳しくは過去記事 http://sagamisoubukai.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

私も今年2月に初参加してきました。

そのときの写真がこちら

ついでにご当地カフェで有名な「すなば珈琲」にも行って来ました(笑)

まだスタバが無かった頃、「スタバはないが鳥取には日本一のスナバ(砂場)がある」とかいう県知事の発言から、地元企業が開業させ有名になりました。

現在、スタバが駅前に出来てしまいましたが、今度は、「黒船襲来」「崖からの大脱出」「俺の桶狭間」など、面白いキャッチフレーズで、今も元気に営業しています(何気に宣伝)

 

さて本題に戻ります。

当会の指導する太極拳では、初動負荷理論は技を理解する上でとても重要になっています。

まあ、私がどの程度「初動負荷理論」理解し、実践できているかは、体験に来られた皆様の判断に任せますが、それなりに動けていると自分では思っております。

そして、太極拳の稽古で欠かせないのが、です。

中国武術のほぼ全て、靴を履いて行いますが、太極拳もそうです。

日本の武術と違い、裸足で行いません。

太極拳にとって、靴はもはや武具です。

靴の性能で武技が大きく変わります。

当会では、秀珠会に習い、靴はワールドウイングで開発されたビモロシューズを推奨しています。

詳しくは検索してください。

かなり凄いシューズだと言うことが分かります。

イチロー選手も愛用していることで有名になりました。

過去の記事を見ても分かるように、

私は必ずこのビモロシューズをはいて行っています。

http://sagamisoubukai.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

 

アウトエッジ平行で立つ!

陳發科嫡伝の陳氏太極拳では、アウトエッジ平行で立ちます。

このビモロシューズを履くと、自然とアウトエッジで立つように矯正されます。

また、初動負荷トレーニングでも、歩き方や走り方で指導されます。

それくらいアウトエッジ平行は最重要項目なのですが、

太極拳と初動負荷が、ここで同じ理論であるところがとても面白いです。

古流武術と最新の運動科学が同じ理論で成り立っている、と言うことです。

陳氏太極拳の足の使い方が、初動負荷理論で説明が成り立つ、と言うことが、私が初動負荷に取り組む理由です。

武術を理論的に説明している人は多く、いろいろな書籍も出ていますが、その多くは自己流であり、自分がそう感じるからそうであると言ったような、一般的には検証されにくいものばかりのように思います。

ですが、初動負荷理論は論文で発表されており、誰でも検証が可能です。

私の近くにも、川崎、相模原、東京都町田市に、ワールドウイングの初動負荷マシントレーニングが出来る施設があります。

もしお近くにワールドウイングがあれば、そこで一度体験することをおすすめします。

秀珠会とワールドウイングは、もう10年以上の付き合いです。

毎回合宿するたびに、小山先生に直接指導していただいております。

私も2月に初参加したときに、小山先生に直接指導していただき、何回もぶん投げられました(笑)

この体験がきっかけで、今までの考え方が大きく変化し、現在に至ります。

「陳氏太極拳 相武会」で教える太極拳は、他会派太極拳とは教え方が根本的に違う、まったく異次元の太極拳です(←おい!かなり言い過ぎ!)

他流派武術をやってきた人にとっては、いきなり動き方が変わるので、別次元の身体操作能力を手に入れることでしょう(←誇大広告!JAROに電話しようw)

・・・まあ、なにわともあれ、一度、お試しください。

無料体験できます。

 

タイトルとURLをコピーしました