站椿功はもうやめましょう

站椿・丹田

以前ブログで站椿について書きました。

あなたは站椿功をやっていますか?

站椿功は武術をやるなら必要不可欠だ、と思って毎日頑張っていることでしょう。

ですが、私からの提案です。

もう站椿はやめませんか?

 

站椿が基礎、基本、毎日やらないといけない、というところは多いでしょう。

あんなめんどくさい、意味の無い、ただ辛いだけの稽古に取り組むことは、

精神衛生的に見ても、大変よくありません。

もちろん、身体の健康的にも、百害あって、一利なしです。

 

私は站椿功を3年間毎日やりました。

私は站椿功を3年間、毎日、たとえ深夜に帰宅しても、やり続けました。

最低でも45分。

時間のあるときは、いわゆる秘伝の站椿功・数種類を、2時間かけてやりました。

その結果、得られたものは・・・、

腰痛と硬くなった身体。

動きづらくなった足腰。

これらの症状は、稽古量が足りないからだと思い、さらに頑張ってやったりしました。

まるで新興宗教による洗脳のようです。

一度そういった教義が教え込まれると、なかなか抜けられません。

言うなれば、站椿至上主義の「站椿教」の信者です。

武術を行う上で、站椿がもっとも重要。

これを毎日続けることで、あなたは最強の身体を手に入れることが出来ます。

站椿功が辛いのは、稽古量がまだまだ足りないからです。

そのうち1時間やっても疲れなくなりますよ。

そうなれば、最強の足腰が手に入ります。

そこから繰り出される突き蹴りはとても強いです。

体当たりされてもびくともしないでしょう。

・・・・・。

こういった神話のような教義を信じている人がなんと多いことでしょう。

私が秀珠会に入会したばかりの頃、

師匠の山﨑寛先生に站椿功について質問をしたところ、

站椿は、百害あって、一利なし」

とバッサリ切り捨てられました。

最初は全く意味が分からず、

その後、何回か同じ質問をしました。

站椿が出てきた歴史的背景や、站椿の調査、科学的な解明等、

いろいろな話を聞くことで、やっと私も理解し、

その洗脳から脱出できたのでした。

站椿功を止めてから、4年くらい

站椿功を止めてから、現在で4年ぐらい経ちました。

腰周りの違和感はまだ多少あることと、立ち方にまだ居つく感覚がありますが、それでも大分回復しました。

今となっては、1時間近く、毎日を無駄にしていたことがよく分かります。

考えてみれば分かることです。

例えば、パソコンの前に座ってデスクワークしている人は、

肩こりや目の疲れを訴えますよね。

腰も痛くなりますし、背中も疲れます。

身体がガチガチに硬くなっていることがありますよね。

また、朝礼などで、直立不動で立ち続けた場合、身体が非常に疲れると思います。

つまり、ただじっとしていても、体に良いことは何もありません。

站椿功は、それと同じと言うことです。

站椿功をする時間があるなら、別の稽古をしましょう。

読みたい本でも読みましょう。

疲れていたら早く寝ましょう。

 

站椿功は百害あって、一利なし。

皆さんをこのような洗脳から早く脱出できるように、

私達、相武会はお手伝いいたします。

站椿功からの脱洗脳なら相武会。(←変なキャッチフレーズ・・。)

5月中の入会なら、入会金無料のキャンペーン中です。

まずは無料で体験してください。

站椿功という洗脳から覚めれば、あなた本来のパフォーマンスが発揮できるようになります。 

間違った無駄な稽古方法はやめましょう。

ストップ!站椿功!(←ストップ!温暖化!のパクリ)

 

タイトルとURLをコピーしました