令和初!1名体験に来られました!!

記事

令和初の無料体験者、1名が12日来られました!!

「陳氏太極拳 相武会」になって、初のキャンペーン企画。

「5月中に体験に来られた方は、入会金無料!」ですが、

前回12日(日)の稽古日に、

ついに令和になって初の体験者が来られました。

このたびはキャンペーンをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

武術経験者のAさん

個人情報のこともありますので、詳しくは書けませんが、

仮にAさん、としておきましょう。

他流派の武術をいろいろとやっておられた武術経験者でした。

Aさんが体験しようと思ったきっかけは、2つありました。

1つは、小手返しのインスタ動画、について。

もう1つは、ホームページに書いてある「站椿」について

でした。

以前上げた動画の記事↓↓

この中で、小手返し(小手折)を解説していますが、

これをみて、どうやって掛けているのか不思議だったようです。

Aさんは、合気道もやっていらっしゃったようで、このような掛け方を見たことが無く、

どうして掛かるのか知りたかったということでした。

確かに、この動画を見ても良く分からないですね・・・。

私も、後で見返して「なんか・・、わざと倒れているように見えるな・・・」と思いました。

自分でもそう思うのですから、他の人なら余計にそう思うでしょう。

これ、ホントわざとらしい・・・。

ですが、ちゃんと小手返しが掛かっています。

 

と言うことで、実際にAさんに掛けてあげました。

すんなりと、コロンと掛かりました。

ちょっと驚いていたようでした。

通常、小手返しといえば、手首を極める痛みがあります。

教える人によっては、相手の肘に向かって体重を掛けたり、相手の体に向かって掛けようとしたりします。

大抵の場合、手首を極め、その痛さで相手が堪えきれずに倒れるのですが、太極拳では全く違います。

痛みが全然ありません。

掛ける側も力がいらないため、相手も力感を感じません。

数回掛けましたが、痛みも無く、手首も極まることなく投げられてしまいますので、何か不思議な感じだったでしょうが、こういった技があるということは、納得していただけたようでした。

そしてもう一つ。

ホームページや、ブログ記事にも書いてある、

「站椿は百害あって、一利なし」

という考えのことです。

Aさんは、站椿功を稽古に取り入れているということでしたので、なぜ站椿がいけないのか、疑問だったようです。

やっている站椿功を詳しく聞いて、それについてはいくつか解説しましたが、

本当に分かりたいのであれば、Aさんが当会に入会し、稽古を続けていった場合、

改めて体感できることだと思っています。

体感して、初めて納得していただけると思います。

 

站椿功を止めると、いろいろな悪い症状が改善されてきます。

体の動きも良くなってきます。

体の可動範囲が広がり、今まで出来なかった技が出来るようになってきます。

ですが、それには、数年掛かるかも知れません。

私も、実感するまで3年くらい掛かったと思います。

Aさんは、かなり長い間、站椿功をやってこられたようで、しっかりとした体つきで小さいながらも強そうに見えるのですが、かなり体の使い方が硬くなっていました。

(ほとんどの武術経験者がそうですが)体を固めて使う癖があり、突きも蹴りも間合いが短く、動く前に必ず力んでいます。

これも站椿功の弊害です。

たぶん私が思うに、今の状態が、Aさんが站椿功で得られるマックスの状態だと言っていいでしょう。

それ以上やっても、武術的にプラスになるものは何も得られないと思いますし、逆に、体を悪くする要素は、続ければ続けるほど増えていくことでしょう。

 

さて、大雑把に書きましたが、

そのほか、少し違う技も練習し、その理論も説明し、

あっという間に稽古時間が終了してしまいました。

感想を聞くと、どうやら満足していただけたようで、来週も来られる、ということでした。

来週もまたお待ちしております。

ちなみに、次週は、もう一人、新しい体験者が来られます。

この方は武術経験がないということでした。

当会には武術経験0で入った人は3人いますので、その稽古生にいろいろと聞いてください。

ぜひ一緒に楽しく練習しましょう。

私も楽しみにしております。

 

5月中に体験に来られた方は、入会金無料!キャンペーン中です。

残すところ、あと19日、と26日です。

太極拳をやってみたい、興味がある、と言うあなたは、

是非この機会に体験にきてください。

無料体験を見てみる

あなたのお越しをお待ちしております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました