たった1時間でこれだけの威力!(誇大広告か・・・!)

突きの威力はこうやって上げる!

まるで誇大広告のようなキャッチフレーズですが・・、それはさておき、

新しく体験に来られた22歳の初心者の方ですが、

以前の記事では、30分くらいで一応パンチが打てるような状態まで持って行きました。

重い突きの正体は・・・?

前回の記事では、

パンチを全く打ったことが無い初心者の方でしたが、

テニスを長年やっていた、と言うことで、その動作を生かし、

ここまでのパンチが打てるようになった例です。

そして、そのさらに30分後、の結果がこちらです

↓↓

さらに動きが良くなっていますね。

テニスのようにステップを入れると、突然威力が増し、

パンチの音が大きくなっていることが確認できます。

引き手である左手の位置も、自然に構えがとられていて、とても良くなっています。

 

彼は身長が190cm、体重が80kgです。

私が身長174cm、体重が63kgなので、彼のほうが大きいですし、重いです。

この前の記事の最後で、なぜ重いパンチが打てるのか?という理由についてですが、

単なる物理法則で、スピードが同じであれば、体重が重い方が運動エネルギーは大きく、

スピードが同じであれば、質量が重いほうが、運動エネルギーが大きいです。

この場合、運動エネルギーは、威力と言うことになります。

別の要素としては、パンチを打つときのフォームです。

見て分かるとおり、無理な動作をしていません。

彼はテニスをやっていたので、その動きを利用しただけです。

その結果、スムーズな身体操作で、自分が無理なく出せる運動エネルギーを十分に伝えた

と言うことになりますね。

私が同じようにやったとしても、軽いと言うのは、そういうことです。

威力を出そうと思ったら 、スピードを上げるしかありません。

それを解説した動画でした。

 

このように、武術初心者であっても、何かスポーツをやっていた場合、

直ぐに出来るようになることがあります。

もちろん、これで身に付いたとは言えませんので、

今後練習を重ねて、反射的にこの動きが出てくるように持って行きます。

 

スポーツも何もやったことが無い、と言う人でもご安心ください。

太極拳の套路を練習することで、

徐々に身体が自由に動かせるようになっていきます。

あわてないで、のんびりトレーニングできますので、楽ですよ。

 

本日がキャンペーンのラストデイです。

ぜひ時間を取って、体験にお越しください。

お待ちしておりま~す。

 

タイトルとURLをコピーしました