太極起勢と金剛搗碓の解説を少々、とお知らせ

金剛搗碓の使い方 套路

起勢と終勢

まずは、起勢と終勢の解説です。

太極拳において、もっとも大事で、一番最初に教えなければならないことが、起勢と終勢 です。

大切なのは、指先から動き始め、緩めるときは体幹から、という順番です。

手首や肘から先に上げようとし、指先から下がっていくようでは、

太極拳の技は全く出来ません。

力が掛かってしまい、太力拳(たいりょくけん)になってしまいます(笑)。

指先から動き始める理由は簡単です。

間に合わないからです。

例えばこういった場合、

相手の右ストレートを捌くとき、

直ぐに動き出さないと間に合いません。

肘や手首からふわっと挙げていたのでは、相手のパンチを喰らってしまいます。

素早く、サッと動かすと通常指先から動きます。

あまり難しく考えなくても、普段の生活で普通にやっていることです。

例えば何か物を取ろうとしたとき、指先から動き始めますよね。

ただ、それだけです。

 

続いて金剛搗碓ですが、

これは用法のホンの一部です。

いろいろな使い方があり、 金剛搗碓を応用、変形すると、

さまざまな用法が出来てしまいます。

ですからこれにこだわらないでください。

あくまでホンの一例です。

 

無料体験やってます

いつでもお気軽に起こしください。

ブログに関するお知らせ

最近、海外からのコメントが入るようになってきました。しかも毎日。

その内容のほとんどが、勃起不全の薬の売り込みです。

当サイトとは全く関係の無いもので、

これは明らかにスパムコメントですので毎日削除していますが、

時間を取られてしまいますので、コメント欄を削除しました。

今後コメントは出来ませんので、あらかじめご了承ください。

 

タイトルとURLをコピーしました