(再アップ)白鵝亮翅の注意点を少々。

白鵝亮翅 套路

白鵝亮翅について、套路上の注意点を2点だけ。

まずは動画です。

最初に立った位置に戻ってくる、と言うところがまず1点。

金剛搗碓から、両手が一順一逆して前方に「擠」のとき、

ただ単に、その場で左足を後ろへ下げるのではなく、

套路が始まる最初に立っていた位置へ、

つまり斜め左後ろへ下がります。

最初の位置に戻るわけですね。

そこから、右足を振り子のように振り出して歩を進めます。

このとき、足は自然に振り出すのですから、

ここは足が振り出される早さを利用します。

この足を振り出す早さをゆっくりやることは出来ません。

自然に振りだされるわけですから。

これが2点目の注意事項です。

角度を変えてもう一度。

陳氏太極拳では、白鵝亮翅(はくがりょうし)と言いますが、

別の流派では、白鶴亮翅(はっかくりょうし)と言うところがあります。

白鵝とは白いガチョウです。

私は鶴よりもガチョウだと思います。

鶴のほうが品が良さそうに思えますよね。

ですが、この動作ですから、なんか、ガチョウっぽいと思っています。

白鶴拳とか、空手の型では岩鶴(がんかく)とか、鶴の動作を取り入れたり、

または、鶴を名称に使ったり、鶴は人気者ですね。

今後、私はガチョウを応援します。

確か、「ニルスの不思議な旅」っていうアニメが、その昔NHKでやってましたが、

ガチョウのモルテンがいましたね。

あのガチョウはなんと、雁の群れとともにニルスを乗せて大陸横断します。ありえません。

白いガチョウ、白鵝です。

白鵝亮翅とは、たぶんこのガチョウのモルテンのことをいうのでしょう。

別に他意は無い・・・。

 

タイトルとURLをコピーしました