白鵝亮翅から斜形で。

陳氏太極拳 套路 套路

白鵝亮翅から斜形です。

斜形の注意点を1点だけ。

まずは動画から。

動画中でも解説しているとおり、

腕は体の前で操作しています。

よく間違えるのは、

右ひじが後ろまで引いてから動かしていることです

肘が後ろどころか、横に来ることもありません。

腕が一番使いやすい位置は、体の前にあるときです。

肘が後ろに下がり、大胸筋が突っ張ってしまっているような状態は、

どんな技でも力技になってしまいます。

自分より力が強かったり、体重が重い相手には掛かりません。

単鞭でも、攬扎衣でもそうですが、

腕は体の横ではなく、前です

原則ですので、必ず守るべき注意点です。

 

套路には注意点がたくさんあり、

書き出したら大量になってしまいますから、

1点づつにしましょう。

動画では、ちょっと肘を強調しすぎて、

腕の動かし方がおかしいですが、

そこはご勘弁を。

腕の動かし方は、1回目と2回目では少し違います。(少し・・、かな。でも結構違うかも。)

あなたの先生に聞いてみてくださいませ。

  

タイトルとURLをコピーしました