樓膝拗歩が他とは違う

陳發科嫡伝の陳氏太極拳 相武会 套路

普通見られる樓膝拗歩とは違って、

陳發科系では、このように行います。

それでは動画です。

見ているだけだと、何をしているのか良く分からないと思います。

これは、膝(脚)と肘(腕)の同期です。

この動作は重要で、しかも難しい為、

陳發科 ー 潘詠周系列では、套路動作にこれを取り入れたということを聞いています。

 

崩しの用法としては、

しょっちゅう使う動作要領です。

一例として分かりやすいので、

四ツ相撲のときの崩しとしてやってみました。

他には、例えばタックルに来られたとき、

一度受け止めておいてからこの動作を使って、

左右どちらかに振り投げるようにします。

参考までにどうぞ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました