套路動作から撇身捶。

陳氏太極拳 套路 記事

撇身捶(へいしんすい)です。

陳氏太極拳の老架では、撇という字を使います。

は「捨てる」という意味がありますので、

捨て身の意味で使っています。

他流派太極拳では、

披とか、庇と言う字を使います。

披は「羽織る」「まとう」などから、相手が覆いかぶさってくる、の意味で使い、

は「ひさし」と言う意味で、小架や新架ではこの字を使います。

それでは動画です。

この肘打ちの動作が最初はやりにくいです。

これで威力がでるの?って感じなのですが、

相手とくっついている状態で、この肘を使うと効果があります。

まあ、アバウトな解説ですが、

ここで挙げている套路動作は、

全て初心者用なので、

ちょっと動きが簡略化されていますし、

大体の流れで覚えてもらいます。

 

参考までに。 

 

 

タイトルとURLをコピーしました