撇身捶の簡単な用法を一つ。

太極拳 套路

撇身捶ですが、

いろいろと使い方はありますが、

分かりやすい、簡単なものを一つ、例を挙げます。

それでは動画です。

腕を左右に大きく振るような動作がありますが、

それを使って、タックルに来た相手を投げてしまいます。

力で相手を投げようとしても、体格差がなければまず無理です。

やり方は、

まず相手の背中を見ます。

右肩と左腰、左肩と右腰を結ぶ直線をイメージします。

その直線のどちらでも良いので、

それを軸にして回転させてみてください。

力なく相手が吹っ飛びます。

ただし、相手がタックルに来なければ使えません。

練習のときに良くありがちなのが、

タックルしたまま、相手がその場で止まって固まっていることです。

タックルしにきて、その場で相手を留めるという行為は、ほとんど有り得ません。

打撃で終了です。

大抵の場合、タックルで倒しにかかります。

つまり、相手が向かってこない限り、この技は使えません。

逆にタックルしに来て、向かってこない相手は、打撃で終わりです。

意味を考えて、練習しましょう。

参考までにどうぞ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました