推手から攬扎衣への応用(沾・連・粘・随)

記事

まずは推手です。

こちらの動画から。

この推手のやり方ですが、

お互い相手の胸を推して崩すようにします。

推されたほうは、力で対応せず、

片足を上げて回避します。

このとき手を右方向へ押しのけるようにしないことです。

押しのけようとすると、

自分が出した力で自分が体勢を崩してしまいます。

片足を上げて相手が押せなくなるところまで「沾・連」します。(用語の解説はまた次回に)

こちらが相手を推すときは「粘・随」します。

今度はそこから攬扎衣へと変換し相手を投げます。

相手の手を取替え、「粘勁」によって相手の右手が引き出されていきます。

このとき体は「譲」となり、右旋回し回避動作を続けます。

このとき攬扎衣の動作に移行します。

「粘勁」で相手の右手が引き出され、相手の体が崩れ、

右旋回の回避動作に合わせて左足の向きを内に向け、

自分の体が「連(譲)」から「随」へと変わり、

攬扎衣最後の少し戻る(緩む)動作で、相手が転がり、投げが完成します。

太極拳の「 沾・連 ・粘・随 」と戦術動作と、「譲」という戦術概念がこれでトレーニング出来ます。

 

このときの纏絲動作の運用は、

「粘」のときに「扌履 (この漢字が無かった・・)」。

途中から右手が上がってきて 「掤」から「 擠 」へ。

最後に緩めたところでちょっと「捺(按)」になる感覚 、

となります。

ちなみに、「 扌履 ・ 掤 ・ 擠・ 捺(按) 」は、

ほぼ現象であって、力で行っていません。

 

専門用語を使って解説しましたが、返って難しくなってしまいました。

ですが、陳氏太極拳での用語ですので、

意味が分かると、なるほどと良く分かります。

まあ、ざっとこんなところで今日はおしまい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました