推手から攬扎衣

陳發科嫡伝の陳氏太極拳 相武会

前回の動画では、

私の方が相手よりも背が高いので、

その分リーチが長いから相手を推すことが出来る、と思っているかもしれませんが、

それでは、私よりも背が高く、リーチが長い稽古生を相手にやってみました。

相手は私を推せませんが、私は相手を崩しています。

片足を上げたときに、上手く「沾・連」出来ていないということです。

動画を見ての通り、私はリーチの不利を完全にカバーできています。

 

さて、前回の記事でも出てきました、 「沾・連・粘・随」ですが、

簡単に解説しますと、

「沾」は手の屈曲回避動作。

「連」は体の後退回避動作。

「粘」は手の伸展動作。

「随」は体の前進侵攻動作。

となります。

 

攬扎衣に移行するとき、

相手の「粘・随」 に合わせてこちらは「沾・連 」動作をしているため、

相手を手で引っ張り出しているわけではない、ということです。

さらに右手の動きと、左足の向きを同期させています。

これにより、右腕を動かして相手を更に崩していく動作が、

左足の回転によって生まれています。

ここに運動エネルギーが発生しているわけです。

右腕に力を入れなければ、この左足の回転により、

結構大きな運動エネルギーが相手に伝わり、

相手は引っ張り出されてくる、というわけです。

後は攬扎衣の動作をそのままやれば、

結果、こういった投げになります。

 

「勁」は力ではありませんので、

「沾・連・粘・随」と言う動作や、「 扌履 ・ 掤 ・ 擠・ 捺(按) 」、

さらに、顚倒勁法などを使って、 纏絲勁を運用できるように稽古していきます。

 

ちなみに、運動エネルギーですが、

これは自分の体重を利用した「重心移動」により発生するものや、

もしくは、腕を上げたところからの位置エネルギーを使ったりするものです。

脚を踏ん張り、漸次筋出力を上げていくような、

通常の力を出すことではありません。

 

人間、立っているだけ、腕を上げただけで、

けっこうな力を既に出していることに気付きましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました