打撃による崩し方

陳氏太極拳・套路 頭套十三勢 

打撃は通常、突き、蹴りのことを言います。

ショルダータックルや頭突き、膝蹴り、体当たりもそうです。

今回は、一撃で相手を倒せるような、そんな強い打撃ではなく、

軽い打撃で相手を崩していく方法です。

まずは稽古生がやってみます。

掴んできた相手の腕に、自分の腕を当てているのですが、

当て方が悪いですね。

当てたときの方向が理解できていないようです。

もう一つは、両脚で踏ん張っているところです。

両脚に重心が掛かり、自分自身が動けなくなっています。

これでは打撃の威力を自分で抑えてしまっています。

 

では実際のやり方です。

両脚でしっかりと立つ、って良いことのように思われますが、

たいていロクなことはありません。

むしろしっかりと立たないほうが、力を無駄なく伝えられます。

相手腕を打った後、

そのまま触れた状態で、力を緩めながら推していきます。

最初の打撃で相手が崩れ、

次に触れた状態のまま推すことで、相手が動き出します。

体で推そうとすると、力が掛かり相手が抵抗しますので、動きません。

当てたあと、拳がそのままスーっと進んでいくように動くと、

動画のような感じで相手が崩れていきます。

打撃で相手が崩れないときは、素早く当てることで運動エネルギーを伝えます。

これは力の合理的な使い方であって、

頭套拳で練習する「勁」とは違います。

80kg~90kgくらいの体重であれば、あまり力感を感じることなく相手を推せます。

太極拳特有の崩し方です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました