軽い打撃による崩し

前回、打撃による崩し方を紹介しましたが、

その続きです。

まずは解説です。

どうしても力で相手を推そうとして、

足を踏ん張り、腕に力を入れてしまうのですが、

これは相手の腕に打撃によるインパクトを与え、

その後そのままスーっと推していくことが技になります。

打撃によるインパクトが最初の運動エネルギーですので、

「推し当て」てはダメです。

インパクトのあと、力を緩めて推していくところが大事です。

この練習生の動画ですが、

一番最後が上手く出来ています。

力感無く行う技ですから、

これは上手く運動エネルギーを伝えるための方法です。

インパクトの後も、相手に触れ続けることで、力積(運動量)が大きくなっていきます。

そのとき力は緩めないといけません。 

推す力が大きいと、相手が抵抗するからです。

人間の神経反応と、物理的な現象の両方を考えることで、

技の理論的な部分は解析できます。

「氣」とか「勁」とかいう言葉にだまされてはいけません。

 

  

タイトルとURLをコピーしました