今度は厚木で刃物男現る

記事

おととい、愛川町で刃物を持った男が逃走。

昨日、男はそのまま捕まらず、厚木市内の小中学校が一斉休校。

そして本日、刃物男はいまだ逃走中のため、厚木市教育委員会より通達があり、

そのまままた休校。

私の娘たちは中学生と小学生である。

まんま影響を受けた。

そういえば、先月28日には、川崎で刃物を持って斬り付けた事件があったばかり。

今回の刃物男逃亡事件。

驚いたことに、横浜地検の職員5人と、神奈川県警察官2人が収監のため自宅を訪れたとき、

刃物を振り回されたからといって逃げられたという。

このていたらく。

大の男が7人もいて、取り逃がす。

かなり前になるが、2007年の「リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件」を思い出す。

このときも、刑事課の署員数人がいたにも係らず、市橋容疑者は部屋から出て非常階段を駆け下りて逃走したという。

刑事課の署員って、こういった逮捕術を何も持っていないことがこのときわかった。

また、稽古していたとしても、何の役にも立たないことが分かった。

今回の事件でも、警察官が刃物に対応できるよう訓練されていないことが分かった。

 

ナイフ術は太極拳の練習でも必須です。

当会では、練習が始まって最初に行うのがナイフ取りの練習です。

今の時代、刀はないので、ナイフや包丁に対する防御は武術の稽古としては必須だと思う。

また、太極拳にそれらの練習法があったので幸いだった。

今後、刃物を使い警察官から逃亡する方法として、

全国の凶悪犯からお手本となってしまう事件だと思う。

今の日本の警察は、刃物に対処できませ~~ん!!

怪我をしたくないし、痛い思いをしたくないので、逃がしちゃいま~~す!!

ホント、マジ、いい加減にして欲しいです。

厚木市民として、断固抗議します。

ついでに当会に来て、ナイフ取りを稽古しろ!!

早く子供達が安心して暮らせる町を取り戻して欲しいです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました