太極起勢は指先から

昨日の記事の動画のもう一つの技について。

お互い腕を組んだとき、

相手を崩そうとして、体で推そうとしたり、

腕の力で崩そうとしたり、

こんなことを良くやってしまいがちです。

体から動き出しても、力は強いですが、相手は抵抗して動きません。

また、腕の力で崩そうとしても、

やはり力で抵抗されてしまいます。

崩す角度が2方向あるのですが、

角度にこだわると今度は体が止まってしまい、やはり崩せない稽古生が多いです。

そこで基本に立ち返り、太極起勢をやってもらいます。

つまり、動き出しは指先から、です。

指先から動き出すと、力はほとんど出せません(たかが指先に力を込めても無駄ですよね)。

力の起動は、指先、手首、肘、肩、です。

この順番で動かしていくと、力を出さなければ、相手の崩れる方向がだいたいつかめます。

体に力を入れず、足を踏ん張らず、相手の力は足裏にアースさせ、

そうすると、動画のような崩しになります。

細かく解説してみました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました