倒捻肱の注意点

套路

倒捻肱を套路動作として行うときの注意点を2つだけあげます。

まずは動画です。

足を斜め後ろへ下げていくとき、踵から着地していきます。

つま先からですと、例えば後ろに何かあったら、後退していくときつまずいてバランスを崩します。

それを防ぐためです。

また、腕は体の前で動かします。

映像だと分かりにくいですが、肘が体の後ろにいくことはありません。

斜形と同じですね。

腕は体のまえで動かす方が使いやすいのは当たり前です。

初心者だったらこんな感じでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました