稽古生の質問に答えていただきました。

セミナー

山﨑先生のセミナーのとき、

当会の稽古生が質問をしていました。

型稽古について、彼が普段思っていることを聞いたようです。

山﨑先生が普段どのように考えているかを、具体的に例を挙げながらかなり細かく解説をなされていました。

山﨑先生といえども、誰にでも100%技を掛けられるわけではなく、

そして、いつも上手く掛けることができるわけでもなく、

常に試行錯誤しながら、その日の自分の状態も考え、

出来る範囲でやれることをやる、これを実践していらっしゃいました。

こうやって書けば、とても当たり前のことです。

ですが、多くの場合、

地位も高く、会派の代表ともなると、

自分の稽古の為に、いろいろに技を掛けて、自らの稽古をする、と言うことをしなくなっていきます。

本当に実力のある先生ほど、稽古生を使って、

こうかな、ああかな、と実験をしているのです。

偉い先生ほど、技が掛からなかったときのことを考え、

対人稽古をごまかします。

今、初心者であろうが、会派の代表であろうが、

やっていることは、これが基本だということですね。

型どおりに動けば技が掛かる、では無く、

自ら実践して、体得していかない限り、技は出来るようにならない。

技は個人の武芸であるから、

練習する以外にほかない、ということです。

技は観念ではなく、実在です。

体現して初めて、出来た、といえるのですよ。

この姿勢、皆さんも見習って欲しいところです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました