天神明進流柔術「片羽捕」を。

天神明進流柔術

天神明進流柔術に「片羽捕」という型があります。

これは、右拳で相手の顔面を打上げ、同時に金的を蹴上げ、相手の右腕を叩き落とし、左肘打ちにて突き飛ばします。

この「左肘打ちにて突き飛ばす」ところですが、これがなかなか上手く突き飛ばせません。

相手を斜め後方に倒すと考えても、左足を深く相手後方に差し込んでから左肘で押すようにしながら後方へ倒そうとするのですが、これも相手と力がぶつかりうまくいきません。

もちろんこの状態ですと、左肘で突き飛ばすことはほぼ不可能です。

これを可能にするのは、ただ単に力を入れるだけなので、それでは柔術になりません。

太極拳を習い始めた時には、片羽捕が「攬扎衣」や「単鞭」だと思ってやっていました。

それでも、掛かったり掛からなかったりでした。

なぜなら、使う相手に対しての状況が違っていたからです。

もちろん、「攬扎衣」や「単鞭」では、肘で突き飛ばすことはしません。

片羽捕は、肘での突き飛ばしだと言われていたのですが、それが出来なかったので、今までずっと保留にしていました。

ですが、

先週の稽古で、片羽捕が演手肱拳であることがわかったのです。

では動画です。

(ちなみに、打撃は形だけ取って、ほぼ省略しています)

パッと見た目、私でも違いがわかりません。

ですがこのやり方なら、肘打ちで相手を突き飛ばすことが出来ました。

このやり方で、他の型も検証していきます。

実は、凄い事に気が付いたかも知れません。

古流柔術の動作要領ですが、イメージが全く違っている可能性が出てきたのです。

今後の検証結果にご期待下さい。

タイトルとURLをコピーしました