天神明進流柔術稽古生のために。

天神明進流柔術 天神明進流柔術

二柱と大渡。

この2つは、若干違うということが分かりました。

二柱には、蹴足はない。大渡には蹴足がある。

もちろん、座ってやるのと、立ってやるのでは、かなり違うのですが、

それよりは、蹴足があるなしの方が、大きかったです。

ですので、大渡は、蹴足が無くてもまあまあ出来ますが、

二柱では、蹴足がありませんし、たとえ、蹴足があったとしても、掛け方は変わりません。

大きな発見でした。

この理論は、鷲掴、鸚鵡返、飛龍、に連動してきます。

その動画を撮影しましたので、

近日中に公開致します。

しかし、本当に太極拳の「演手肱拳」は重要でした。

簡単に言うと、天神明進流柔術は、ボクシングと同じ身体使い、ということです。

全く気付きませんでした。

良く考えれば当たりまえなんですけど。

また再来週、検証します。

しばらくは天神明進流柔術三昧です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました