飛龍(当身忘れてた!)、の解説。

天神明進流柔術 天神明進流柔術

昨日上げた記事の解説です。

飛龍。
名前がカッコいい天神明進流柔術の技、の一つです。その名は「飛龍」。では、どうぞ。最初のは、太極拳っぽくなってしまい、そのまま倒して終わってしまいました。2回目が飛龍です。最後に腕の関節を極めています。簡単にや...

昨日上げたこの記事の動画ですが、当身を忘れてますね・・・。

ここのところ、太極拳ばかりやっていましたので、柔術的な崩しをメインに考えてしまいました。

飛龍では、相手の打ちかかりを左腕で受けた後、右拳にて相手の脇腹に当身を入れます。

当て身がなくても、もちろんかかるのですが、当身を入れたほうが動作的にはやりやすくなります。

この当て身の動作ですが、実はこの身体操作がとても大事で、ここが今までとだいぶ変わったところの一つでもあります。

以前の記事でも書きましたが、当て身のやり方は太極拳の「演手肱拳」と同じです。

ワールドウイング的に言えば、ピッチングといっしょということです。

突きが大事、というよりは、重心移動や、その身体操作により誘発される動き方、が大事です。

天神明進流柔術の身体操作の基本は、全て太極拳の動き方と同じです。

演手肱拳であり、運手であり、倒捻肱であると言えます。

さて、肝心の柔術的な部分です。

この飛龍という型は、受けた相手の右腕に体重を預けて、のしかかりながら後ろへ相手を倒していきます。

と、このように教わりました。

相手の腕にのしかかれ、と。

これは間違いではありません。

但し条件がつきます。

それは、

・相手と体重差があり、自分が明らかに重い場合、

・身長差があり、自分のほうが明らかに背が高い場合、

・技を全く知らない素人相手にかける場合、

に限られます。

この3つの条件であっても、上手く掛からない場合もあります。

しかも、腕にのしかかるのですから、相手は力感を思いっきり感じます。

ですので、この力感を打ち破るほど、相手の力が強ければ掛かりません。

これではただ単に力の勝負であり、柔術ではありません。

ではどうするか、というと、

手を軽く、相手の腕に乗せるだけです。

乗せた手は、真下へと落下させます。

力を入れて相手の腕を下へ落とすのではありません。

使うエネルギーは「重力加速度」です。

手を乗せた時、体を放鬆させ、腕の重さで落下させます。

真下ですので、手も肘も真下へと落下します。

力感が無い為、相手は抵抗が出来ません。

抵抗するだけの拠り所が無いので、抵抗しようが無いのです。

タイトルとURLをコピーしました