繰り返した基礎だけが使える

天神明進流柔術

先週、師匠の会派の稽古で、

外国人の方と対人稽古をしました。

背はもちろん高く、手足が長いです。

彼は少林拳もやっています。

対人稽古の内容は、自由に打撃を出し、

それを捌きつつ何かしらの攻撃を行うことです。

攻撃側と、防御側に分かれてやります。

ですので、自由散打ではありません。

私が攻撃側で始めたのですが、

いきなり、

私の前蹴りが金的へ・・・。

ジャストミートしましたが、もちろん、動きはゆっくり目で、

威力はありませんから、当たったところで寸止めくらいでなんとかなりました。

緩んだズボンの分だけ助かった、感じですね。

天神明進流柔術では、

当身と蹴足の同時攻撃が多いです。

型の中にありますので、型稽古で練習することが出来ます。

そのせいでしょうか、

何も考えなくても、蹴足は自然に金的へ、

まるで吸い込まれていくように入っていきます。

20年稽古していますから、

それこそ何万回とやってきたことです。

もう、この動きが癖になっていますね。

天神明進流柔術特有の蹴りの稽古があるのですが、

その一つで「高蹴り」というものがあります。

文字通り高いところを蹴るのですが、

動きだけをやった動画がありましたので、再アップします。

タイトルとURLをコピーしました