天神明進流柔術について

天神明進流柔術 天神明進流柔術

このブログで、天神明進流柔術の型について、いろいろと紹介しております。

当会は陳氏太極拳を指導する会派ですが、

この天神明進流柔術は、私が昔からやっているものです。

以前もブログでご紹介しましたが、

今からちょうど20年前、平成11年7月。
私が天神明進流柔術を習い始めたのは、今からちょうど20年前のことです。平成11年7月の最初の日曜日。私は、天神明進流兵法(柔術)・第56代小野寺夢楽齋正高先生の下へ入門しました。小野寺先生門下の正式な弟子としては、私が最後の入門...

私は天神明進流柔術を習う為、第56代小野寺夢楽齋正高先生の下へ入門しました。

私は免許皆伝ではありませんが、自身の稽古として、太極拳同様、日ごろから行っています。

ですので、ここでご紹介している方法や、コツについては、

全て私の体験によるもので、その理論のほぼ全ては太極拳から拝借しています。

天神明進流柔術を本当に習いたい方は、

総師範の横瀬さんが教えていますので、そちらでお願い致します。

あくまでここでは、太極拳の稽古の一部と、私個人の稽古のためですので、ご了承ください。

教えている内容が全く違う可能性があります。

私はもちろん、小野寺先生から直接、第57代候補として指導を受けてきました。

ですが、私は出来が悪かった為、なかなか技が出来ず、その理論を求めて太極拳に行き当たりました。

当会の稽古生にもご協力頂き、そこから今のような技の解明と理解に至りました。

「型は流派のもの、技は自分のもの」と小野寺先生もおっしゃっていました。

この技の掛け方は、私のものであり、当会派のものです。

正式に天神明進流柔術を教えている道場ではありませんので、ご理解ください。

(ですが、私個人として、免許皆伝はまだまだあきらめていません。)

 

 

タイトルとURLをコピーしました