柔術の投げ技、太極拳的解説を少々。

やわらの技 天神明進流柔術

ここのところ、天神明進流柔術ばかりやっております。

なぜなら、技が難しく、やりがいがあり、面白いからです。

もちろん、未だ技の解明中なので、その研究の一環でもあります。

これまで「鷹羽〆」「友千鳥」とやりましたが、

太極拳ではこのように解釈します、といったことを動画にしました。

それではどうぞ。

私はこのイメージだけで、出来るようになりました。

もちろん、他にも大事なことはありますが、

決め手はこれでした。

私はいままで、相手を掴んだ右手を、引き寄せてくるものだと思っていました。

つまり、相手を引き寄せるから、しっかり掴んでいないといけませんし、

自分のしゃがむタイミングに合わせて、相手を引き寄せなければなりません。

掴まれた相手は、力を感じますから、崩れまいとして抵抗します。

これではいつまで経っても、力感のある技になってしまい、

やわらではありません。

実はこの動画での私の掛け方は、まだいまいちで、

この後、もっと良い感じで掛けられるやり方がわかりました。

本当に、もう一瞬で、相手が投げられます。

投げられた相手は、いきなり技が掛かりますので、

何がどうなったのか、全く分からないと言っていました。

これが本当のやわらの技だと思います。

タイトルとURLをコピーしました