稽古生の成果

天神明進流柔術 天神明進流柔術

この稽古生は、なかなか技が出来ず、

出来たと思ったら、また直ぐに出来なくなったり、

とにかく直ぐに緊張し、体が硬くなり、考え方も硬くなり、

動きが悪くなり、力が強くなり・・・、と、

まあとにかく出来が悪いです。

が・・・・・、

それもこれも、私の指導が悪かったからです。

どこが悪かったか?というと、

理論的にまだまだ甘かった、というところです。

例えば、これ↓

これなんかは、もう全く出来ない代表格ですね。

胸倉を掴まれた瞬間、「あっ・・・、わかんね~・・」ってな感じです。

稽古時間も押し迫った頃、ちょっとコツを教えていきなりやらせてみましたが、

即、出来るようになりました(ちょっとビックリです)。

アドバイスしたのは、歩法だけです。

相手を崩して投げられれば、もう出来たといっていいでしょう。

さて、続いてはこれ↓

これは先ほどの「両羽取」と投げ方はほぼ一緒です。

同じ歩法を使えば出来ます。

あまり難しく考えなくても、大体あっていれば、歩法だけで上手く投げられます。

「両羽取」が出来たので、次にこの「龍虎」をやらせてみたのですが、

やはり直ぐに出来ました。

ということで、今まで私が説明してきたやり方では、

真に解説できていたとは言えず、やはり理論的には成立していなかったと思われます。

太極拳の理論をそのまま流用するだけで、ここまで、いきなり、今まで出来なかった稽古生が出来るようになるのですから、これは私の能力不足だったといっていいでしょう。

もちろん、今までいろいろと稽古してきたお陰で、体が動くようになってきたともいえますが、

それにしては長すぎる期間でした。

明日の稽古でもまたやってみましょう!!

タイトルとURLをコピーしました