足元に入る技、その2

天神明進流柔術

前回、天神明進流柔術「獅子の洞入」という型をアップしました。素早くしゃがみこんで、相手の足元に入る技です。

今回は「龍門」です。

(動画が2本あります。右横の「>」マークをクリックしてください。)

名前がカッコいいです。

「獅子の洞入」と同じように、相手の足元に入ります。この技術は全く同じ。

この「相手の足元に入る」って、簡単なように見えますが、実は結構難しいです。

普通でしたら、相手の足元にしゃがみこんだら、もう素早く動けません。

当会では、しゃがみこんだ後も、素早く立ち上がったり、左右に展開できたり、後ろに下がることも出来ます。別の技に移行することも出来ます。つまり、技を見破られて反撃をされたとしても、それすら想定内、という事です。

これは、散打指導教官から教わったのですが、実戦性抜群です。

さて、その後、肘で相手の膕(ひかがみ。膝窩 (しっか)です)を打ちますが、この方法にもやり方があります。

いくら上手く方向を合わせて肘打ちしたとしても、相手はなかなか倒れてくれません。

また、肘打ちの威力は、この姿勢からは出ないので、実は肘で打つようで打っていない、ということが分かります。

この「龍門」は、足元への入り方と、肘打ちのやり方が上手く組み合わさっている型です。

古流柔術では、太極拳には見られない技が結構あります。

そこが面白いところであり、当会も稽古しているゆえんです。

タイトルとURLをコピーしました