足元に入る技、その3

やわらの技 天神明進流柔術

さて、足元に入る技シリーズ(?)ですが、その3は、

天神明進流柔術「震動」です。

これも今まで見てきた入り方と同じです。

当会の秘伝なので、詳しくは書きませんが、しゃがみに行くにも係らず、動きは非常に機敏です。

途中で回避することも、技を変えることも可能です。

良くある間違いは、相手の打ちかかりに対して、いきなり相手に背中を見せるように後ろを見ながら入り込み、しゃがんでしまうことです。

体重を浴びせたところで、また、金的を肘で突きに言ったところで、相手は簡単に崩れてくれません。

また、このやり方ですと、相手を見ていないので、相手の変化についていけません。

いきなりしゃがみこむので、動作が途切れてしまい、その後の変化ができません。

技が掛からず、相手が崩れなかった場合、目を突かれたり、両耳を叩かれたり、首をとられたり、頤回しをやられたり、いろいろと対処されてしまいます。

どんな状態でも、動きやすさを失うことは非常に危険です。

その辺は古流柔術でも、太極拳でも、同じですね。

タイトルとURLをコピーしました