練習生用動画:一番説明に苦労するところ。

陳氏太極拳・套路 頭套十三勢  練習生用動画

陳發科系統の老架で、潘詠周先生から教授されていた樓膝拗歩のやり方ですが、

これがなかなか難しいです。

それでは動画です。

腕と脚の開合動作をいっしょにやっているだけなのですが、初心者ではなかなか出来ません。

腕は簡単です。ただ順纏と逆纏をするだけです。

問題は脚。

大腿骨を回転させるのですが、膝をだたまわしているように見えます。

実際には、この動きをすると必ず骨盤が付随して動くはずです。

大腿骨は、上腕骨とは違い、転子部が斜めについています。

このため、ちょっと説明が難しくなってしまい、理解に苦しむところです。

骨格標本でも見て、なんとか理解してください。

頭套拳ではゆっくり行いますが、砲捶は一瞬で行います。

この動作はいろんなところで使う重要な動作要領です。

各自、稽古しましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました