十路弾腿は基本。

太極拳の稽古 練習生用動画

十路弾腿は中国武術では基本中の基本です。

太極拳をいきなり始めて、そのまま上手くなる人はまず(絶対!といいたい)いません。

武術として太極拳を身に付けたいなら、長拳系統はまずやっておかなければなりません。

十路弾腿、査拳、華拳、少林拳系などでしょう。

ちなみに日本人でしたら、空手でもいいです。

出来れば、剛柔流ではなく、首里手系がいいです。松涛館空手でもいいです。

要は、立ち方、移動などの基本的な体術が出来ているか、架式が直ぐに取れるかどうか、など、武術としての基本功が出来ているかどうかが大事です。

太極拳からそれらを養うのは、ちょっと無理です。

ということで、当会では、十路弾腿をおすすめしています。

それでは動画です。

これは動作を覚える為の動画です。

まずは、こういった順番で動作することを覚えてください。

勁道については、稽古中に指導しています。

相模原教室では教えたとおりですので、思い出しながら行ってください。

厚木教室、伊勢原教室の健康太極拳を習っている皆様は、このかぎりではありません。

やりたい人はやってみましょう。無理の無い範囲でお願いします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました