練習生用動画:六封四閉の応用として

陳發科嫡伝の陳氏太極拳 相武会 套路

六封四閉の套路動作ですが、

普通にやっても、まあ構いませんが、

この動画のように、こういった練習もかねて行うと、さらによいと思います。

六封四閉の套路動作を応用した、動作要領の練習方法です。

それでは動画です。

今年から、厚木、伊勢原教室を立ち上げ、主婦を指導するようになってから気付いたことですが、

踵に重心を置いて、つま先を回して向きを変える、ということが、どうやら難しいようだと分かりました。

ほとんどの場合、つま先に重心をおいて、踵を動かしてしまいます。

これはダメです。勁が出ません。

これでは、相手に何か技を掛けようとしたとき、相手が崩れず、自分が動いてしまいます。

踵重心でつま先を動かす練習としてもよいですが、

体の向きをしっかりと向くようにさせる、という練習にもよいです。

体は結構動くものです。

つま先を動かすだけで、これだけの範囲をカバーすることが出来ます。

また、この両足の向きも重要です。

散打では頻繁に出てくる足です。

あっ・・・、余計なことを書いてしまいました・・・。

これ以上は、練習生に怒られてしまいます。

やはり足(架式)は大事ですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました