ちょっと覚書として・・。

記事

昨日の当会の稽古で、重要なことに気付いたので、覚書として残しておきます。

私の「受け」方は、どうやら間違っていたようです。

正確に言うと、間違っていた、というのは、太極拳的に言って、です。

私は、相手の打ちかかりや突きを、受けた瞬間に0にしてしまいます。

これが良い方法だ、正しいやり方だ、とずっと思っていました。

なぜなら、相手の攻撃力を0にできるから、です。

ですが、それが一番の大間違いだということに、昨日、気付きました。

やはりここでも、当会稽古生のさくら氏(仮名)のアドバイスが秀逸でした。

私の受けは、太極拳の打撃法に繋がっていない受け方でした。つまり、受けから攻撃、受けから崩しなど、ほとんどが出来ていなかったことに気が付きました。

太極拳の基本「起勢・終勢」が、打撃において出来ていなかったのです。

どこからが起勢で、どこからが終勢なのか、それが無い、といった状態です。これはつまり太極です。

エネルギー0ですので、完全に止まっています。それをわざわざ自分で作っているのですから、武術として終わっていますね。

なぜ今までこれで良かったと思っていたのか、というと、相手が練習生だったためです。いつも稽古して慣れているわけですから、相手の攻撃のタイミングは当然読めています。タイミングが読めることが前提となっているため、相手の突きや打ち掛かりを絶妙のタイミングで読み、受けた瞬間にエネルギー0に持っていくことが出来ていたわけです。

また、 型として同じ動きを反復する為、 こういった1回の(単発の)攻撃に対して、受けたり捌いたりの対人稽古を行いますが、実際のような連続攻撃の中で、仮に相手の攻撃を0にしたところで、実は全く意味がないのです。

なぜなら、エネルギー(単発の攻撃力)が0になったところで、それは攻防のスタート地点が変わった、というだけだからです。0になった瞬間(受けた瞬間)相手からの次の攻撃がまた開始されます。ですから、受けたら直ぐに突く、とか、受けた相手の腕をある方向に持っていき、技を掛ける、などの連続した何かしらの技で対処するような練習になっています。

このやり方では、空手や古流柔術なら良いかもしれませんが、太極拳では失格でしょう。

太極拳の目指すところは、触れれば相手が飛ぶ、という状態です。

逆にいうと、触れてきた相手が飛ぶ、ということでもあります。

信じられないような技ですが、これは技のことを言っているのではありません。「状態」なのです。

この「状態」を目指すところが太極拳の稽古なのだと、私は思っています。

そして、それを実現する方法論が、套路であり、その要が「起勢・終勢」なのだということです。

つまり、今の私の「受け」方は、練習生の単発の攻撃に対してのみ通用するやり方か、もしくは、単発の攻撃しかしない相手に対してのみ通用するやり方、になっていたということです。

しかも、太極拳の目指す「状態」を手に入れる練習ではなく、通常の空手や古流柔術の型稽古のみに通用するだけのやり方となってしまい、パッと見た目には上手に見えますが、結局は、さまざまな攻防のパターントレーニングを繰り返していただけ、となっていました。

これはこれでもちろん意味がありますが、これだけなら太極拳をやる必要はないです。私は、相手とは全くレベルの違うところに存在したいから、太極拳を選んだのです。

 

しかし、こういった動きの根本をなす部分での勘違いや間違いは、自分で気付くことも直すことも出来ません。

なんだか技が上手く行かないな、どうも動きが悪いな、というところから、対人稽古によって詰めていかないと、問題であることすら気付きません。

そして、稽古する相手も、それなりの実力を伴った稽古生でないと、気付くことはないでしょう。

今回はかなり深い部分での勘違いに気付いたので、忘れない為にこのブログに書いておこうと思いました。

今回分かったことは、「動き出しの初手っぱなが起勢であり、終勢は重力加速度である」ということです。

さくら氏の高い解析能力にはいつも感服させられます。

自分の為の覚書なので、たぶん他人がこれを読んでも意味が分からないと思いますが、自分としてはかなり大事なので、ここに記しておきました。

 

タイトルとURLをコピーしました