伊勢原教室、今年最後の稽古でした。

太極拳 相武会 厚木 相模原 記事

昨日は伊勢原教室今年最後の稽古でした。

最後、ということで、第五勢の次の「撇身捶」を指導しました。

これは結構難しいです。

一瞬だけ馬歩を取りますが、あとは弓歩だけです。

その弓歩のやり方があるのですが、それに合わせて腕を動かして、最後に左肘で打つ、というところまで、とにかくやりにくい・・・、と思います。

これをきっちりとやるとなると、少なくとも今まで第五勢までやってきたいろいろなところが試される、というわけです。

一番大事なところは架式なので、この弓歩のやり方がポイントになります。

ですが、まずは形を覚えないとそれどころではないと思います。

前回の記事で上げた動画を見て、来年の初稽古までにある程度出来るように練習しておいてください。

第五勢までの套路動作が出来ていないと、ここから先はかなり苦労します。

十路弾腿も含めて、自らの身体能力をアップデートさせていきましょう。

さて、最近動画をアップしていませんが、動画を撮影する時間も惜しんで指導している、と言い分けさせてください。

撮影するだけでも、割と時間が掛かります。撮りなおしも結構しますので、その時間を稽古に当てました。

明日は厚木教室今年最後の稽古日です。

しっかりと指導致します。

伊勢原教室の皆様、今年から始まりましたが、いかがだったでしょうか?

また来年も宜しくお願い致します。

追伸:ある程度からだが動くようになれば、剣術もやりましょうか・・・。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました