未だ誰も知らない纏絲勁(てんしけい)。

陳氏太極拳・套路 頭套十三勢  記事

久しぶりに纏絲勁について。

かなり前にも、このブログで纏絲勁について記事を書いています。

「太極拳 纏絲勁」「太極拳 てんしけい」と検索すれば、師匠のサイトや上記私のページが表示されます。

一応グーグル検索で、「設定」を「プライベート検索家結果を表示しない」にして、ファイヤーフォックス、グーグルクローム、ビバルディ等、で検索してみましたが、それぞれ順位がばらばらでした。

ですが、必ず師匠のページと、私のページが最初の検索結果ページに表示されていますので、ご確認ください。

私のブログ記事は、今年の6月にアップされています。

上位表示されている他の記事は、もっと古いものばかりです。新しくアップされた記事の方が、上位表示されているという現状です。

つまり、私の記事のタイトル「 纏絲勁 怪しい」というこの2文字で、検索している人がかなりの数いる、という事です。

こうやって見ると、纏絲勁というものがいまいち理解されておらず、皆さん結構検索している、ということが分かります。

以前書いたブログ記事は、かなりあいまいに書いています。

師匠のページも、 陳鑫の『陳氏太極拳図説』を用いて、かなりの文字数書かれていますが、実は纏絲勁の核心部分については一切書かれていません。

なぜなら、纏絲勁について「こうだ」と書いた場合、どこかの太極拳の先生が、自分のホームページなどに、あたかも以前から知っていたような風にかかれてしまい、本来の伝承が崩れてしまう恐れがあるからです。

今のところ、纏絲勁について正確な記事が書かれているホームページ、まとめサイト、何らかの記事等、一切存在しません。

つまり、日本語で検索する限り、ですが、だれも纏絲勁について理解していないことがわかります。

師匠のサイトで紹介していないので、もちろん私のところでも詳しく書くことはありません。

当会に入会したとしても、教えるかどうかはわかりません。師匠次第です。

ここまで理解されていない「纏絲勁」というこの言葉は、ほとんどバズワードですね。

次の質問に答えられるかどうか、あなたの太極拳の師匠に聞いてみてはいかがでしょうか?

「発力と発勁の違いは、なんですか?」

この2つの言葉は、意味が全く違いますので・・・。

  

 

タイトルとURLをコピーしました