またまた再び「撇身捶」の解説動画を。

太極拳 無料体験会 套路

今までの動画では、七寸勁のイメージで教えていましたがので、姿勢が傾いていましたが、陳發科先生の大架式は体が傾くことはありません。かといって、この形が間違いというわけではありません。

厚木と伊勢原教室は、健康太極拳を目指していますので、あまり武術的な動作だとキツくなってしまいます。

姿勢は真っ直ぐで、さらに高めの姿勢でも出来るように、動作要領は同じで負荷を小さくした形をやってみました。

参考にして下さい。

姿勢を高くしても、動作要領はあくまで通常の頭套拳といっしょ。違うのは動きの程度、という感じです。

私もこの辺は考えながら、試行錯誤しながらですので、動きに無理があれば、遠慮なく申し出てください。また、分からないことがありましたら、何でも質問して下さい。

長年やっているうちに、段々と出来るようになっていくよう指導しているつもりです。

稽古日の直接指導と、ブログでの練習生用動画を参考にして、今後も練習に取り組んでください。

しかし、動画の私の姿勢は、もっと真っ直ぐでもいいですね。 

まだまだ修行中です。

  

 

タイトルとURLをコピーしました