第八勢は蹴りが多い。

套路

伊勢原教室では、第八勢に進みました。

ここは蹴りが連続して出てくる為、難易度も高く、運動量もかなり多いです。

陳氏太極拳では、今回指導しました、この動作要領で蹴りの威力を出しますので、ゆっくりと足を挙げていくような套路動作はありません。

他派太極拳では、ゆっくりと足を挙げ、一度止めて、ゆっくりと下ろす、といった、蹴りになっていない動作を良しとしているようですが、蹴りですから威力がないようでは意味がありません。

バレエではありませんので、ゆっくりと足をあげ、止めることには意味はありません。

さて、かなり前にとった動画ですが、一応アップしておきます。

ただ単に高く蹴り上げる動画と、二起脚の動画です。

こちらは二起脚。

これは二起脚が出てくる沖縄小林流空手の型(クーサンクー大)の一部です。

参考までにどうぞ。 

さて、厚木、伊勢原教室では、健康太極拳として指導していますので、こんなに高く足を上げた蹴りを練習するわけではありません。

もちろん、足が上がるのでしたら、それでも構いません。

体が硬い人も、練習をしていけば、結構足が上がるようになっていきます。

無理をせず、気長に続けていきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました