練習生用動画:太極拳の受けは受けではない、という用法。

練習生用動画

相手の打撃に対して、「受け」を受けとして使ってしまうと、本当にただ単に受けてしまうだけになります。

空手の受け(上受け、内受け、外受け)などはそうで、相手の打撃に対して、「こっちへこないで!!」とか「あっちへ行け!!」といった感じで、防御壁を作るように作用します。

つまり、盾を前に突き出して、防御壁を作り、攻撃から身を守る、という感じでしょうか。

また、相手の突きなどの攻撃を、柔らかく、ふわっと衝撃を吸収するかのように受けることもあります。

これも受けることに変わりは無く、受けのやり方を変えただけです。こちらはちょっと高度ではありますが、どちらも「受け」であり、相手の攻撃を受けることが目的となっています。

受けることで自分の身体をガードすることが目的の為、受けた後、そこからすぐに何をするかが問題になります。

つまり、相手の攻撃を防御したまでは良いが、その後に続く何らかの攻撃、もしくは回避を直ぐに実行する必要がある、というわけです。具体的に言えば、受けたと同時に即、突き蹴りに移行するとかです。

それに対して、太極拳では、受けは受けではなく、崩しとして作用します。

つまり、受けとしての防御もしますが、そのとたんに相手が崩れます。

実際に練習をしてみました。

受けたそのとたんに、相手が崩れてしまえば、そこから先は自分が優位に立てます。

相手は既に崩れてしまっているので、次の攻撃も、そこからの回避も困難になります。

太極拳的には、それが理想です。受けると相手が崩れるのであれば、受けてから崩しに行く、というよりもより実戦的です。

この2人の練習生の動作はまだまだですが、入口には立ったかな?といった感じには見えます。

まだまだ、というのは、受けたときや、相手を倒すときに「力」を感じるからです。

「力」は「勁」ではないため、このまま稽古を進めても、常に力を出して対処しようとしてしまいます。

もし相手の体が大きかったり、力が強そうな人だったりした場合、直ぐに「力」負けしてしまいます。

力ではない、といったところが、実際に対人練習で感じられるようになっていないので、この2人はこれからもっと練習する必要があります。

当該練習生は、参考にして下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました