崩しは一瞬。受けたら即崩し。そのまま極めまで持って行く。

天神明進流柔術

以前の記事で「受け」について書きました。

練習生の動画をアップしていましたが、本当はこういった技↓をやりたかったわけです。

受けたら、即崩しになり、そのまま相手が倒れ、詰め(極め)まで持って行く、というか、そういう形になってしまう。

その一例を対人稽古にしてみたのですが、一番難しいところが、受けたとき、即崩しになっている、というところです。

空手のように受けてしまうと、相手は崩れません。むしろしっかりと立ってしまい、受けたところが痛いほどです。

この受け方が出来ると、力も要りませんし(腕を一瞬上げるだけの力のみ)、そのまま腕が落ちれば柔術的な技法になってしまいます。

私のこの動作は、たまたまこうなった、というもので、決まった対人練習の型ではありません。

受けたら即、相手が崩れれば、その後は自分の受けた腕の力が抜けていますから、なんとなく相手に触ってさえいれば、関節技など、詰め(極め)に持っていける、という感じになります。

相手によって、また相手の攻撃によっていろいろと変化しますが、コレが出来れば、太極拳の柔術的な技法としては、まず問題ないところでしょう。

そして、おまけの動画。↓

スマホのカメラで、私の目線で実際にこの技をやってみました。

痛そうに見えますが、これは演技です(笑)。

まあ、参考までに。 

  

 

タイトルとURLをコピーしました