陳氏太極拳の技は力では出来ない。

やわらの技

厳密に言えば、陳發科伝の陳氏太極拳の套路の解釈として、特定の「技」は無く、「用法」もなく、あるのは動作だけです。

例えば高探馬で、右掌を目付きや掌打に用いる解釈がほとんどですが、太極拳に特徴的な技として用いる場合、放鬆 (ほうしょう)は絶対条件です。

つまり、力を伴った技の解釈では、高探馬は出来ない、ということです。まあ、絶対に出来ないでしょう。

また、放鬆を絶対条件として相手に対処した場合、体が勝手(適当に)に動いて、勝手に技になっている、といった現象が起こります。

私は天神明進流兵法(柔術)を長年やってきましたので、その型稽古にこの太極拳を取り入れてきました。また、師匠の会派での稽古で、いろいろなやり方を教えていただき、その都度、当会で稽古してきました。

そのため、いろいろな技を稽古してきているので、なんとなくこのように動ける、といった感じで動いている為、相手の出方によって、出てくる技が変わってきます。

その一例として、こんなことをやってみました。

がっちりと組んで、押し合いになったという場合です。

お互い力で対抗して拮抗しています。このまま力で対抗し続けても、こう着状態です。

この状態から脱出するには、更なる大きな力を使うか、放鬆するか、です。

見ての通り、私の力では、この練習生の力を大きく凌駕することが出来ません。

そこで、腕の力を緩め、しっかりと真っ直ぐに立ち、相手を崩してから動き出したら、こうなった、という感じです。

ここで大事なことは、腕の力を緩めていく、というところです。

上手く行かない場合というのは、肩に力が残ってしまった状態です。肩に力が入っている場合、まずこのような技は出来ないでしょう。

また、肩の力を抜いたとしても、崩し動作が分かっていないと、上手く投げることが出来ません。

上手く投げていますが、見た感じ、八百長に見えます。

動画の最後で、見ている練習生も思わず「なんか八百長にみえるよなあ~」と言ってますね。

まあ、しょうがないですね。

ちなみにこれは、「力」ではなく「勁」です。

太極拳独特の 「勁」 といえば、纏絲勁(てんしけい)ですが、当会では説明するとき、このような用語を使わないようにしています。

なぜなら、わけが分からないからです。

以前、纏絲勁について記事を書きました。

昔は科学が今のように発達していなかった為、言語を用いて説明できず、纏絲勁という言葉を発明したのでしょう。

現在、書籍やネット上で見られる纏絲勁の解説を見ても、はっきりいってどれも間違っています。

この事実だけでも、ちゃんとした太極拳が全く無い、と言えるでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました