力を入れること、ではない技。

太極拳 相武会 厚木 相模原

片腕にのしかかって相手を倒そうとするとき、相手との力関係がかなり量的に上回っていなければ、力負けして掛かりません。

この状態から、力負けしているにも係らず相手を崩す場合、力を入れずに抜いていくことで掛かります。

というわけで、動画です。

ここで一番大事なことは、腕全体の力を抜いてしまうことです。少しでも入っていると、そこが相手の拠り所となってしまい、そこを起点に踏ん張られてしまいます。

また、良くあるのが、丹田に力を入れるとか、丹田中心に動くとか、そういったことを言うところもありますが、私の場合、その意識だと技が出来ません。

人によっては、そういった意識で技をまとめている人もいるかもしれません(可能性は0ではないが・・)。

ですが、少なくとも、丹田付近(下腹)に意識的に力を入れてしまうと、やはり余計な力が入っているわけですから、技が掛かりませんし出来ません。(私が丹田至上主義を否定する理由です。まあ、理由はそれだけではありませんが・・)

余計な力を入れない、真っ直ぐに立つ、これを放鬆 (ほうしょう)している状態だとすると、少なくともこの状態を実現できなければ、こういった力を入れない技の系統(柔術系)は、絶対、と言っていいほど、出来ないと思います。

そして、太極拳では、この放鬆状態がベースとなって、全ての套路動作(動作要領や技)を解釈します。

「骨格筋ではなくインナーマッスルを鍛える」とか「使っている筋肉が違うから技が掛かる」とか言っている場合、その先生は全く理解できていない、という事が分かります。

私も偉そうに書いていますが、私でもこの動画程度です。

まだまだ探りながら掛けているところもあります。

ですが、分かっているから説明も出来ますし、技をかけることも出来ます。

「実はインナーマッスルを鍛えているから、力が出ている」なんていう太極拳教師には、絶対に近寄らないほうが良いでしょう。大間違いですから。

 

タイトルとURLをコピーしました