力を入れると上手くいきません。

やわらの技

さて、前回の技の記事で、力を入れることではない技、というものを少々解説しました。

力を抜くことで技になる、というのが太極拳の技の特徴ですが、コレを実現するのは結構難しく、ついつい力を入れてしまいます。

私も同じで、こんな感じになってしまいます。

相手の力がここまで強いと、私もそれに反応が出てしまい、上手く行かないときがあります。

途中止まってしまっているのは、探っているところですが、原因は力が入ってしまったからです。

抜いたときにいきなり相手が倒れます。

つまり力を抜いている状態=放鬆でないと、技が効いて来ません。

太極拳では、この「放鬆状態」がベースとなっています。

力を入れることは、小学校から体育でしこたまやっていますので、何をやるにしても無意識に力を入れてしまいますが、力を抜いていくことは、全く教わることはありません。

力を抜きましょうと指導している太極拳教師はたくさんいますが、ほぼ出来ていないです。

もし出来ていれば、この動画のような技は少なくとも出来ているはずですし、套路でもそういった説明を行っている動画があってもいいはずです。

ですが、書籍に置いても、ネット動画や記事においても、わたしの知る限りでは、私の関係者以外皆無です。

つまり、本当の意味で陳氏太極拳を出来て、教えているところはほぼない、ということが真実でしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました