天神明進流柔術

天神明進流柔術

こており

天神明進流柔術の型で、「こており」という名前があります。 通常だったら、小手折、と書きますが、天神明進流柔術では、 「臂○折」と書き、○の字は、 と書きます。 どう検索しても出てきませんでしたので、IMEパ...
天神明進流柔術

鷲掴。

天神明進流柔術「鷲掴」です。 この投稿をInstagramで見る 「鷲掴」です。まあ、こんな感じですね。 #天神明進流 #天神明進流柔術 #古流武術 #古流柔術#型 #型稽古 #技 #相武会 ...
天神明進流柔術

天神明進流柔術について

このブログで、天神明進流柔術の型について、いろいろと紹介しております。 当会は陳氏太極拳を指導する会派ですが、 この天神明進流柔術は、私が昔からやっているものです。 以前もブログでご紹介しましたが、 私は天...
天神明進流柔術

鸚鵡返 おうむがへし 

天神明進流柔術、五行意立会、火体の最後の型「鸚鵡返」です。 この投稿をInstagramで見る 「鸚鵡返」です。相手にのし掛かることなく、力感も少なく、前回の飛龍同様、いとも簡単に崩れる感じです...
天神明進流柔術

繰り返した基礎だけが使える

先週、師匠の会派の稽古で、 外国人の方と対人稽古をしました。 背はもちろん高く、手足が長いです。 彼は少林拳もやっています。 対人稽古の内容は、自由に打撃を出し、 それを捌きつつ何かしらの攻撃を行うことです。...
天神明進流柔術

武術の伝承とは、教わっているか、否か、だけ。

天神明進流柔術という武術は、当初私が思っていたものとは全く違い、はるかに動きやすく、力感が無く、打撃技と柔術技の集大成のようなものであった、という事です。これは、山﨑寛先生から習った陳氏太極拳と、ほとんど同じ身体操作ですし、同じ理論になります
天神明進流柔術

飛龍(当身忘れてた!)、の解説。

昨日上げた記事の解説です。 昨日上げたこの記事の動画ですが、当身を忘れてますね・・・。 ここのところ、太極拳ばかりやっていましたので、柔術的な崩しをメインに考えてしまいました。 飛龍では、相手の打ちかかりを左腕で...
天神明進流柔術

飛龍。

名前がカッコいい天神明進流柔術の技、 の一つです。 その名は「飛龍」。 では、どうぞ。 最初のは、太極拳っぽくなってしまい、そのまま倒して終わってしまいました。 2回目が飛龍です。 最後に腕の関節を極めています。 簡単にや...
天神明進流柔術

天神明進流柔術稽古生のために。

二柱と大渡。 この2つは、若干違うということが分かりました。 二柱には、蹴足はない。大渡には蹴足がある。 もちろん、座ってやるのと、立ってやるのでは、かなり違うのですが、 それよりは、蹴足があるなしの方が、大きかっ...
天神明進流柔術

古い写真を。

天神明進流柔術を習い始めて間もない頃でしょうか? 若いです。 白帯です。 二神意居捕の一本目「二柱」という型稽古中です。 小野寺先生のご自宅庭の駐車場ですが、 コンクリートの上に直接畳を敷いて、 このよ...
タイトルとURLをコピーしました