代表者紹介

陳氏太極拳相武會館長

齋藤真一

1971年(昭和46年)6月生

厚木市在住。二児の父です。

相武会代表者

略歴

1996年(平成8年)ごろから数年、野太刀自顕流剣術をかじりました。

その後、天神明進流兵法(柔術)を習得すべく、1999年(平成11年)7月、第56代小野寺夢楽齋正高先生に師事。

2006年(平成18年)2月、沖縄空手道小林流小林舘協会理事、前城敬弘先生から小林流空手を習う。

柔術と沖縄空手を平行して稽古。

2007年(平成19年)9月、沖縄空手道小林流小林舘協会神奈川支部を立ち上げ、初代館長を務める。

2012年(平成24年)12月、同館長辞任し、退舘。

2013年(平成25年)2月、相模原武術同好会を設立。

2015年(平成27年)10月、陳氏太極拳秀珠会代表、山﨑寛先生に師事。

2018年(平成30年)10月、名称を「相武会(柔・拳・武器術)」に変更し活動。

2019年(令和元年)5月、名称を「陳氏太極拳 相武會」に変更。現在に至る。

各武術系列

・陳氏太極拳

陳氏太極拳十七世・陳 發科宗師 - 潘詠周師公 - 山﨑寛先生 - 私

・天神明進流柔術は、

第56代小野寺夢楽齋正高 - 私

・沖縄小林流空手は、

小林流開祖・知花朝信 - 仲里周五郎範士十段 - 前城敬弘八段 - 私

各種写真

各種動画

View this post on Instagram

擺脚の練習。 ちょっと遅め。 http://sagamisoubukai.blog.fc2.com

Shin-ichi Saitouさん(@sagamisoubukai)がシェアした投稿 –

タイトルとURLをコピーしました